手の甲にできたシミの原因とケア方法について

手の甲にできたシミの原因とケア方法
シミは顔だけにできるものではありません。
体や手などにもできることがありますが、その要因はパーツによって異なります。

手の甲にできたシミの原因とケア方法についてまとめました。

手の甲にできたシミの原因は

手の甲にできたシミの、もっとも大きな原因は紫外線です。

スポンサーリンク

顔は、日焼け止めクリームを塗ったり紫外線対策に効くようなファンデーションをつけたりして女性全般には、結構神経質になっています。

でも、手は無防備な状態でさらしてしまうことって以外に多いのです。

せっかく日焼け止めクリームを塗っても手を洗うと落ちてしまいます。

女性は特に家族の世話や家事で水を触ることが多いだけに、他のパーツよりも手の甲にシミができやすいです。

手の甲にできたシミのケア方法

手の甲にシミができてしまったら、顔と同じように美白効果のある化粧品でケアを行うのも一つの方法です。
わざわざ購入しなくてお顔に使っている美白化粧品を使いまわすことで間に合います。

肌中のメラニン色素を排出させるような肌の代謝をよくする成分でケアを行えば、シミの原因となっているメラニン色素を減らしていくことができます。

これが基本的なケアですが、肌が乾燥しやすい人は保湿ケアも重要です。

乾燥すると紫外線による影響を強く受けるようになりますので、いつでも適度な水分が保たれるように保湿ケアに気を配らなければなりません。

メラニン色素の排出と保湿のためのケアを続けていくと、肌のターンオーバーも正常になり手の甲にできたシミは徐々に薄くなっていきます。

紫外線対策には日焼け止めクリームを塗る以外に、手袋をするなどの物理的に防ぐ方法もあります。

日焼け止めクリームは手を洗ったり汗をかいたりすると落ちてしまいますが、手袋ならつけるだけで紫外線を遮断できます。

できればUVカットの紫外線対策のUV対策の生地を使ったものがおすすめです。

紫外線の影響は夏場だけではありません。

春や秋にも紫外線が強いことが多いですから、しっかりとした対策を行うことで白くて美しい肌状態がキープできます。
どの季節でも気を抜かないことが大切です。

まとめ

紫外線以外では摩擦なども手の甲にシミができる原因です。
手を洗う時やケアを行う時に必要以上の圧力をかけてこすらないようにしましょう。

お風呂に入ってのナイロンたわしでごしごしもよくありません。

摩擦でも、紫外線を浴びた時と同じようにメラニン色素が生成されることは覚えておきましょう。

手の甲のシミ取りでオキシドールは?クリームや皮膚科で消す方でおすすめは?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました