ビタミンCの美白効果と取り方

ビタミンCの美白効果と取り方

ビタミンCは、かんきつ類などから気軽に摂取できる栄養素の一つです。
さらにビタミンCには美肌効果があるといわれています。

ビタミンCの美肌効果と効率的な取り方についてまとめました。

スポンサーリンク

ビタミンCの美白効果について

ビタミンCの美白効果は、強い抗酸化作用がある点が特徴です。

体内で活性酸素が増えると酸化が進み、鉄に錆が発生するような状態となって老化が一段と進みます。

ところが、ビタミンCを食べ物などから摂取すると、活性酸素が除去されますので、いつまでも若々しくいられるわけです。
シミ、しわのなり素肌を維持することができるわけです。

紫外線の影響を受けると、皮膚の内部ではメラニンが生成されて、やがては色素沈着を起こします。

状態がひどくなると、色素沈着によってシミが作られてしまいますから、根本的な対策が欠かせません。

ビタミンCが体内に取り込まれると、強力な抗酸化力を発揮してメラニンの色素沈着も抑制します。

美白にとって重要な役割には、コラーゲンの生成があります。

ビタミンCが体内に入ると、コラーゲンを生成するための補酵素として働く仕組みです。
コラーゲンはタンパク質の一種で、不足すると肌の潤いやハリがなくなり、老化した状態が顕著になることも知られています。

 

ビタミンCの効果的な取り方

ビタミンCは美白に欠かせない栄養ですが、熱に対して弱いため、取り方にも工夫が必要です。
水溶性ビタミンの一種でもありますから、調理の過程で洗い流すことがないように注意しましょう。

葉野菜を食べる場合には、なるべくは加熱時間を短くして、熱による影響を軽減させることが大切です。

果物はそのままの状態で食べれば、ビタミンCを余すことなく摂取できます。
野菜や果物を合わせて、ジュースやスムージーにして飲むのも賢い取り方です。

熱に弱い性質がありますが、芋類の場合にはデンプンで守られているため、ジャガイモやサツマイモは積極的に活用してみてください。
芋類に含まれるビタミンCの量は、果物にも負けないほどに豊富です。

食事だけでは不足してしまう場合には、サプリメントからも摂取することも有効です。
紫外線が特に強い時期には、食事とサプリメントから多角的に摂取すれば、より美白効果を得られることになるでしょう。

また、ビタミンCの一日の摂取量のめやすは2000㎎程といわれています。
グレープフルーツ1個でおそよ100㎎ですからその他のビタミンCが多く含まれる食品を食べても摂りすぎることはないでしょう。

しかし、サプリメントだと効率よくとることができます。過剰に摂取しても余った分は対外に排出されますからその点は心配の必要はありません。
反対にあまりたくさん食べて必要とされなかったものが外へ排出されるのはもったいないので少しずつでも継続してとりつづけることが大切です。

グレープフルーツが美白や美容に効果がある理由は?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました