ハイドロキノンの美白効果と注意点

ハイドロキノンの美白効果

年齢を重ねていくうちに、少しずつお肌の老化現象は増えていきます。

たるみ、しわ、ほうれい線、くすみ、毛穴の開きなど、さまざまな肌トラブルがありますが、その中でもとりわけ厄介なのはシミではないでしょうか。

シミが薄い状態であれば、コンシーラーやカバー力の高いファンデーションを使用することで隠すことができます。
でも、濃くなってしまったシミに関しては、化粧品でカバーすることが難しいです。
すっぴんならもっと目立つし、年齢より老けて見えます。

鏡に映った自分の顔に落胆する人も多いのではないでしょうか。

そんなシミを目立たなくするのに有効だと言われているのが、美白成分のハイドロキノンです。

ハイドロキノンの美白効果と注意点についてまとめました。

スポンサーリンク

ハイドロキノン 美白効果


美白成分にも実にいろいろな種類があります。

基礎化粧品などに多く配合されているのは、ビタミンC誘導体やプラセンタ、L-シスチンなどです。

これらの美白成分よりもさらに強力な効果が期待できるのが、ハイドロキノンという成分です。
ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれることもある高い美白効果があります。

ハイドロキノンは、化学合成で生まれたものではなく天然成分です。
コーヒーや麦芽、イチゴなどの食材に多く含まれています。

美白の効果としてはメラニンができる元のチロシナーゼという酵素が増えるのを邪魔したり、メラノサイト細胞内にあるメラニンを減らす効果があります。

 

ハイドロキノンの美白の注意点

ハイドロキノンは美白効果が高いこともあり使用する濃度には注意が必要です。

ハイドロキノンの濃度4%以下は化粧品に配合されています。
これらは日常的に利用しても問題はありません。

よりよい効果を得るためには化粧品ごとに使い方を読んだ上、利用するといいでしょう。

毎日使うことで、新しいシミが出来るのを防ぐ効果が得られます。
また、できてしまったシミを薄くしていくことも可能です。

シミだけではなく、そばかすなどの色素沈着にも効果的です。
シミで悩んでいるならば、ハイドロキノンが配合されている美白化粧品を使ってみるといいですよ。

>>ハイドロキノン配合の化粧品一覧

また、ハイドロキノンの濃度が5%以上の濃いものは美容皮膚科で診察の上処方してもらえます。
皮膚の漂白剤とまで言われるハイドロキノンには濃度が濃くなれば人により副作用もあります。

シミの周りの皮膚が白くなった。
使った後に皮膚が赤くなったりかゆみを伴う。

肌が弱い人、敏感肌の人はハイドロキノン濃度が濃いためにこのような副作用が起こる場合があります。

肌に違和感があった時は使用をやめて早めに皮膚科へ相談され、対処をされてください。

まとめ

ハイドロキノンは美白効果がある天然の成分です。

ですが、濃度が濃い場合には副作用もあるということを十分理解して使うようにしましょう。

海外から個人輸入で使う場合にはより注意が必要です。

ハイドロキノンの赤みの原因は?対処に薬用美白ジェルをおすすめする理由

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました