ビタミンEの美白効果と取り方、摂取量について

ビタミンE 美白効果

ビタミンEには、優れた抗酸化作用があるのは知られていますね。

体内にある脂質の酸化を防いでくれるので、生活習慣病の予防や病気の改善効果が期待でき健康面にも大いに役立ちます。

さらに美容面においては、美白効果があります。
ではどういった効果があるのかやビタミンEの取り方や摂取量についても紹介します。

スポンサーリンク

ビタミンEの美白効果

肌は新陳代謝(ターンオーバー)により一定の周期で生まれ変わります。
しかし、加齢や生活環境、ホルモンのバランスの乱れ等からターンオーバーが遅れることがあります。

そうなると紫外線や外的からの影響によりメラニンを多く含んだ角層が肌に長く留まることになり顔がくすんで見えたり、最悪シミになることもありえます。

ビタミンEは乱れたターンーオーバーを正常にする効果があります。
毛細血管を拡張させて血流を促進し、代謝を促します。
角層に留まっているメラニンを含む層を垢として剥がし、シミ、くすみのない綺麗な肌へと導きます。

そのような作用があるので、ビタミンEは美白化粧品の成分にも使われています。

化粧品では肌に吸収されやすい「ビタミンE誘導体」が配合されています。
ビタミンE配合の化粧品を使うことで、色素沈着の抑制の他、メラニンの産生を抑える作用があり新たなシミ予備軍を作りにくくします。

おすすめの化粧品:コーセー 米肌 澄肌美白化粧品

 

ビタミンEの取り方と摂取量

ビタミンEの取り方として、食品から取る方法とサプリメントを利用する方法があります。

ビタミンEを多く含む食品

・ナッツ類
落花生やアーモンドなど
落花生はそのまま食べますが、アーモンドも素焼きがおすすめです。

油で揚げたり砂糖や塩をまぶした加工されたアーモンドは時間の経過ともに酸化がするし、カロリーも高くなります。

せっかく抗酸化作用のあるビタミンEを取るのにアーモンドを食べる意味がなくなりますね。

アーモンドは素焼きを食べるのがおすすめです。

・植物油
オリーブオイル、サフラワー油、紅花油、コーン油などの植物油に多く含まれます。
しかし、油だけ高カロリーなので摂りすぎには注意したいものです。

・果物
アボガド、キウイ、マンゴー、ブルーベリー

・野菜
ホウレンソウ、カボチャ、ブロッコリー、アスパラガス、小松菜他
ブロッコリー100gあたりのビタミンE含有量は、1.7mgです。

・魚
ウナギ、イワシ、真鯛、鮎

・その他
卵、豆腐、玄米など、

身近な食品に含まれていますね^^

 

注意したいビタミンEの1日の摂取量

ビタミンEは体内に蓄積される脂溶性ビタミンです。
過剰に摂取されたものはビタミンCのように体外に排出されません。

その為、1日の摂取量の目安内で摂るのが望ましいです。
成人の場合男性で6.5㎎、女性で6.0㎎(厚生省PDF参照)

例えば大粒のキウイなら1個100g(可食部分)で計算した場合、約2.5個分です。
ブロッコリーなら約350gとなります。素焼きアーモンドなら20粒程度です。

過剰摂取が1年くらいの期間であればそこまで問題はありませんが、長期間摂取を続けることにより副作用として吐き気・下痢などを引き起こすこともあるようなので、とりすぎには気を付けたいものです。

偏った食事さえしなければ過剰摂取の心配もないので日頃から栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

ビタミンE サプリメント

また、ビタミンEのサプリメントを利用する場合には過剰に取りすぎないように注意しましょう。
あらかじめ、1日に自分が食べる食品からの摂取量とサプリの摂取量を足したものがどのくらいかを確認しておくとよいですね。

また今日は足りなかったかもと思える日だけに補助食品として服用するのもよい方法です。

まとめ

 ビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂取することによって相乗効果が見込めますのでビタミン類を積極的に取るようにするとよいです。

そうすることで、身体の内側からもアプローチできてシミ、くすみのない白肌へのサポートができます。

食事面で気を付けながら、美白化粧品も使うことでさらに効果アップが期待できそうですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました