コウジ酸はできたシミに効果はある?

コウジ酸 できたシミ

コウジ酸は美白成分としてトラネキサム酸やビタミンC誘導体と同様に厚生省から認可された有効成分です。

コウジ酸はどういうものかというと麹菌の発酵過程でできた成分です。

麹菌といえば思い浮かぶのが、みそ、しょうゆ、日本酒など日本を代表する食べ物ですが、コウジ酸も日本で発見されました。

では、コウジ酸の美白成分はすでにできてしまったシミにも効果はあるのでしょうか。

コウジ酸はできたシミへの効果

シミはメラニン色素が沈着して出来るものですが、このメラニンが合成されることで作られる仕組みになっています。

この合成に関わっている物質が酵素チロシナーゼです。

チロシナーゼが活発に働くには銅イオンが必要なのですが、コウジ酸はこの銅イオンを取り去る作用があります。

その為チロシナーゼの働きが弱まるため、メラニン色素の合成を防ぐことができます。。

つまり、コウジ酸にはシミをできにくくする効果は非常に高いといえます。

スポンサーリンク

では、既に出来ているシミにへの効果はどうでしょうか?

今まではできたシミの上からメラニンが蓄積されていきますます濃くなる、薄くならない状態だったのが、コウジ酸の作用により酵素チラシノーゼが作れない為シミができにくくなります。

さらに、コウジ酸の分子構造は細かく肌への浸透性が高いのでより一層の美容効果が期待できます。

その為、メラニンの生成を抑え出来ているシミにも美白効果が期待できます。

コウジ酸は美白化粧品に配合されているほか、コウジ酸クリームは皮膚科でも処方してもらえます。

皮膚科のコウジ酸クリームを塗り続けたらできてしまったシミが薄く目立たなくなったという人もいます。

>>三省製薬デルメッドのHP

コウジ酸にはもうひとつ美白効果で注目したい点があります。

コウジ酸の効果 黄ぐすみを改善

肌トラブルの一つに糖化という現象があります。
これはタンパク質と糖が結びつくことを表します。

糖化の際には褐色の物質であるエイジスが加齢により蓄積することで黄色いくすみを引き起こすことが指摘されています。

コウジ酸には抗糖化作用があり、糖化現象を減らすことが出来ます。

これによって黄ぐすみの発生を抑えてくれるという仕組みです。

また、老化を引き起こす原因に酸化があります。

体内に発生する活性酸素が正常な細胞を傷つけてしまうことでしわやたるみなどの肌のトラブルを起こします。

コウジ酸には抗酸化作用があるので、活性酸素を除去し肌老化ストップの効果もあります。

加えて抗炎症作用もあります。抗炎症作用というとニキビ対策のスキンケア用品によく付与されている作用です。

肌の炎症を防ぐことは様々な肌トラブルに対処することにも繋がります。

これまでにコウジ酸の安全性は確認されており、2005年には注意すべき副作用はないと公表されました。

化粧品に含まれるのは微量ですが、効果が期待できる成分となっています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました