日焼けした顔を早く戻すのに食べ物でケアする方法

日焼け 顔 戻す

日焼けは肌が火傷している状態ですので、手入れを変えることは大切なことです。

また、赤みや痛みなどの症状に応じて冷やしたり、保湿したり、水分をとったりするケアを考える人も多いのではないでしょうか。

もちろん、直接的なケアも重要ですが、日焼けした顔をできるだけ早く戻すには体の中から働きかけることも有効です。

ここでは、日焼けした顔にも効果が期待できる食べ物についてみていきましょう。

日焼けをサポートする食べ物と栄養素

肌の再生を促す栄養素にはビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3つがあります。
つまり、これらのビタミン類を豊富に含む食べ物が、日焼けした顔には効果的だということです。

スポンサーリンク

ビタミンA

肌に潤いを与えてくれる栄養素で、効果酸化作用を持っていることから活性酸素の働きを抑え、ターンオーバーのサイクルをサポートしてくれます。

具体的な食べ物では人参やトマトなどの緑黄色野菜や鶏肉や豚肉のレバー、うなぎや卵などに多く含まれています。

ビタミンAは油に溶けやすく、吸収されやすくなる性質も持っていますので、調理方法としては野菜とレバーを合わせた炒めものなどで取り入れると良いでしょう。

ビタミンC

美肌と言えばビタミンCと言われるくらい肌には大切な栄養素です。

日焼けはメラニン色素の生成が行われた状態にありますが、このメラニンが上手く排出されないとシミの原因にも繋がります。

ビタミンCにはメラニン色素が過剰に生成される働きを抑えてくれますので、白い肌を目指すためにも重要な役割を持っているのです。

ブロッコリーやピーマンなどの緑黄色野菜やオレンジやレモンなどの柑橘系の果物に多く含まれます。
特にアセロラには多くのビタミンCがある食べ物です。
ただ、ビタミンCは熱に弱く、体内に留まりにくい栄養素です。

ドリンクタイプやサプリメントなどで補給することも検討されると良いでしょう。

注意したいことは柑橘系はビタミンCが豊富ですが、太陽の光と反応して炎症を起こす光毒性があります。

食べ物は体内に取り込むので肌へ直接塗るクリームほどではありませんが、外出前にオレンジやレモンなどを大量に食べたり、100%果汁のジュースをたくさん飲むのは控えたほうが良いです。

 

ビタミンE

血行を促進して新陳代謝を高めるため、肌の再生に一役買ってくれる栄養素です。

アボカドやナッツ類、いくらや明太子などに多く含まれます。

ビタミンCと一緒にとることで相乗効果も期待できます。

 

これらの食品をたべることで体の中からサポートして、日焼けした顔をケアしていきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました