リノール酸に美白効果や食べるより化粧品がおすすめの理由

リノール酸 美白効果

美白効果がある成分の一つにリノール酸があります。
リノール酸はサフラワー油などの植物油から抽出される成分です。

食べるだけかと思ったら美白作用があるなんてと驚いている人もいるのではないでしょうか?

この記事ではリノール酸の美白効果と美白をサポートするメカニズムやおすすめの化粧品を紹介します。

スポンサーリンク

リノール酸の美白効果

リノール酸はシミなどの色素沈着の原因になるメラニンの生成を促進するチロシナーゼ酵素の働きを抑制し、分解する作用があります。

そのため、シミを根本からケアできるので美白に効果があります。

また、予防するだけでなく、できてしまったシミの改善も行うことができ、臨床試験では肝斑にも効果があることが分かっています。

また、肌の表面から水分の蒸発を防ぐこともできるので、バリア機能を向上させる効果もあります。

リノール酸は食べるより化粧品が美白におすすめの理由

リノール酸は食用油などで利用されている紅花油やオリーブオイル、コーン油や味噌など様々な身近な食品にも含まれており、必須脂肪酸の一つです。

体内で生成できないので外部から摂取する必要のある成分ですが、現代の食生活では不足を心配することはほとんどありません。

安全性が高く、肌に塗っても基本的に問題はありません。

ただし、油である為、これにアレルギーを持っている体質の人は異常を感じることがあるので注意しましょう。

リノール酸の利用方法ですが、美白のために食事から摂取するのはあまり推奨できません。

含まれている食品を日頃の食事として摂るのは良いのですが、多く取り過ぎるとカロリーや塩分の過剰摂取になって健康に悪影響が出ます。

また、口から摂取してもそのまま表皮まで届かせることはできないので、化粧品として肌に塗ったほうが良いといえます。

リノール酸が化粧品として改良されたリノール酸S

リノール酸は浸透力が高いので角質層に成分が留まらず、効果が出にくいという問題がありました。

スポンサーリンク

これを改善するために生成された成分がリノール酸Sです。

3つの脂肪酸であったリノール酸の構造を変化させて1つの脂肪酸にすることで、表皮にも作用するように改良されたものであり、期待される効果には代わりはありません。

また、リノール酸Sは厚生労働省で認可された美白有効成分で安心して利用できます。

シミや日焼けなどのスキンケアにはリノール酸Sが成分に含まれた薬用化粧品がおすすめです。

リノール酸S配合化粧品 サンスター ホワイトロジーエッセンス

リノール酸S配合化粧品として知名度があるのがサンスターのエクイタンス化粧品です。

その中のホワイトロジーエッセンスが特に人気です。
>>ホワイトロジーエッセンス 美白美容液を見る

サンスターは歯磨き粉などオーラルケアで有名な企業ですが、化粧品の研究も約40年前から行っていて、その課程でリノール酸Sを発見。

リノール酸Sは、21世紀初の美白有効成分として厚生省で認可され、サンスターでは独自の名称「リノレックS」という呼び方をされています。

ホワイトロジーエッセンスの美白効果

新技術の多重カプセルに包まれたリノレックSが効率よく肌の奥まで浸透し、シミのもとになるメラノサイトに届きます。

じっくりと働き、シミの元である酵素チロシナーゼを分解、メラニンの生成を抑制してシミやソバカスを防ぎます。

その他配合の2種類の有効成分のトラネキサム酸グリチルリチン酸ジカリウムが紫外線を浴びた後に起こるシミのきっかけになる肌の炎症を抑えます。

シミを防ぐだけでなく、潤いのある肌に導く保湿成分としてサクラ葉エキスやホワイトパールエキス、ヒマラヤンラズベリーエキスを配合。

みずみずしい透明感ある素肌が目指せます。

使用感は、さらっとして良く伸び、べたつきもないので夏でも使いやすいです。

今ならホワイトロジーエッセンスの他、ローションとクリームの7日間体験セットが900円 送料無料で試せます。



まとめ

美白成分にはいろいろありますが、チロシナーゼを分解する働きがあるとされるのはリノール酸S以外でも数が少ないです。

メラニンを作る元が分解されたらシミはできにくくなります。
また、リノール酸Sにはターンオーバーを促進する作用もあります。

いろいろな美白有効成分がありますが、いまだに効果が実感できないならリノール酸S配合のスキンケアを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました