日焼けで痛んだ髪と頭皮のケア方法

日焼けで痛んだ髪と頭皮のケア方法

顔や体には毎日しっかりと日焼け止めを塗っていたとしても、髪の毛の紫外線対策についてはあまり考えていないという女性は以外に多いものです。

頭は体の中で一番太陽に近い場所だけに髪の毛や頭皮はダイレクトに紫外線を浴びることになります。

うっかり日焼けをしてしまった場合には、その後のケアが重要になります。

髪の毛と頭皮のケア方法をそれぞれ紹介します。

スポンサーリンク

日焼けで痛んだ髪のケア方法

日焼けで傷んだ髪のケア方法としてまず第一に挙げられるのはヘアパックです。

紫外線でダメージを受けた髪の毛はキューティクルが破壊され、枝毛や切れ毛などになりやすい状態になっています。

栄養分が失われ非常に弱った状態になっているので、早い段階で栄養分を補給する必要があるでしょう。

一番簡単な方法がトリートメントやオイルを使ったヘアパックです。

まずは髪の毛をやさしくブラッシングし、シャンプーとコンディショナーを使って髪の毛を洗います。

トリートメントをつけたら蒸しタオルで髪の毛の全体を包んで、さらにその上からシャワーキャップをかぶりましょう。湯船につかるなどして10分ほど放置した後に洗い流します。

特に日焼けをしてしまった日には入念にヘアケアを行う必要があります。

プールや海水浴で日焼けをしてしまった場合には不純物や塩分が付着しているため、まずはこれらの汚れをしっかりと落とします。

髪の毛全体をしっかりと濡らしてシャンプーを泡立てて、指の腹でも見込むように洗いましょう。

シャンプーを洗い流したら軽くタオルドライをして、その後にトリートメントも付けていきます。

一度水気を拭き取ることにより、トリートメント成分を内部まで浸透させることができます。

トリートメントをつけたらどんなに短くても5分から10分ほどは置いておきましょう。

よりトリートメントで補修を行いたい場合には、さらにもう一度トリートメントを繰り返すのもお薦めの方法です。

最後にしっかりとトリートメント洗い流すことが大切です。

頭皮に残ってしまうとさらなる頭皮のダメージにつながることもあるので、最後まで洗い流しましょう。

日焼けした頭皮のケア方法

髪の毛が日焼けで痛んでいたら、頭皮も同じように痛んでいます。

スポンサーリンク

頭皮まで日焼け止めクリームを塗る人はいないと思いますが、髪の毛同様に太陽に違い位置と無防備から顔以上のダメージを受けています。

この頭皮の日焼けは意外に見逃しやすいのです。

日焼けから、顔や腕などと同じように皮がむけるだけなら良いのですが、紫外線のダメージは蓄積されます。

紫外線の影響を防ごうと機能して、角層が分厚くなり、頭皮の水分量や脂質が足りず髪が抜けやすくなります。

また、真皮層にあるコラーゲン繊維まで破壊してしまい、頭皮の柔軟性をなくし、硬くなってしまいます。
硬くなった皮膚は血液の流れも悪くなり、髪の毛1本1本に栄養を運べなくなり、髪がぬけたり、新しい髪の毛が生えにくくなったりと先々にまで影響を及ぼします。

おすすめは頭皮の炎症を抑え、血行を促進する作用や水分量を一定にするなどが一度にできる育毛剤です。


>>薬用ハリモア 育毛剤

日焼けや皮膚の荒れによる炎症を抑えるグリチルリチン酸2K他、育毛促進効果がある
センブリエキス、高麗人参から抽出されたニンジンエキスの3つの有効成分を配合した女性用の薬用育毛剤です。

椿オイル他15種類の天然由来成分を配合して頭皮に潤いと美しい艶髪をサポートします。
敏感肌の人も使える無添加処方です。

香りは、女性が好むローズ系のほのかな香りがします。

 

育毛剤は付けたら良いわけではありません。

育毛剤を付けた後の頭皮マッサージが重要です。

左右の耳の上あたりに手を置いて手のひら全体をつかい頭皮のもみほぐしマッサージをします。
続けることで血行が促進され硬くなった頭皮が柔らかく改善され髪に栄養が届きやすくなります。

マッサージのポイントは指先で行うのではなく手の平全体を使って頭皮を頭蓋骨からはがすように行うことです。

まとめ

毎年、秋には髪がバサバサで抜け毛が多くなると悩む人が増えますが、これは紫外線の影響が大半を占めるようです。

この記事は日焼け後の髪と頭皮のケア方法をまとめましたが、日焼けを防ぐことで悩むこともなくなります。

外出時には紫外線対策のヘアスプレーで髪と頭皮に吹きかけ予防をして、さらに帽子や日傘を持参するように事前に対策をされるとよいでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました