日焼けした肌を元に戻すぬかの効果との使い方

日焼け 戻す ぬか

ぬかは玄米を日本人の主食のお米に精米した時に出る胚芽(はいが)と種皮とが混ざった粉です。

ぬかにはバランスの取れた栄養素が豊富に含まれているのは、周知の通りです。

ぬかを肌に直接つけることでも肌に優れた効果を発揮します。

この記事では日焼けした肌を元に戻すぬかの効果と使い方をまとめています。

スポンサーリンク

日焼けした肌を元に戻すぬかの効果

現在では米ぬかを有効成分として含有している事をアピールした商品展開を行っている有名ブランドの化粧品も多くみられますね。

その為、美容とぬかの関係性は良好であるという認識が大勢の方々に持たれています。

ぬかが美容に際して嬉しい効能を多々もたらしてくれる理由は、ぬかに入っている脂肪酸ナトリウムが関係しています。

身近な物で言えば石鹸と同一の成分になります。

ただし、石鹸と同じ成分であっても洗うことによって皮脂などが奪われて乾燥状態に陥る事とは違います。
天然素材であるからこそ人工的な石鹸にある、肌にとって不の材料になるものはありません。

ぬかは肌に負担をかけない状態で綺麗にできる上に、使用している時にはぬかが元来持ち合わせている自然のビタミンをはじめミネラルやカルシウム、セラミドやアミノ酸が肌へ浸透します。

使い終えた後にはすでに、化粧水などの保湿剤を塗布し終えたような質感が感じられられます。

そのように使用している時から高い保湿効果が得られるので、乾燥により引き起こされる肌の黒さを解消させるには効果的な為、おすすめです。

特に夏場など十分に気をつけていても起こってしまう日焼けによる黒さを戻すには最適といえます。

そもそも、日焼けにより肌が黒くなるのは肌が紫外線を吸収しメラニンが大量発生させられるという一連の流れが影響しています。

スポンサーリンク

一度日焼けをしてしまうと元通りに戻すまで大変長い期間を要したり、シミなどが残り元に戻す事ができないこともよくあります。

元に戻せない原因は紫外線によりメラニン色素が大量発生しているのに合わせて、表皮が著しい乾燥状態になっている事も関係しています。

肌の乾燥以外に、衣服などと擦れることで摩擦抵抗が顕著になって日焼けが本来よりも深刻化するという仕組みです。

そうした複数の原因が同時に引き起こされているからこそ、高い効果をもたらしてくれるぬかが効果を発揮します。

自然由来で優しい使い心地なので肌質に左右される事も無く全ての方が使える利点もあります。

日焼けした肌を元に戻すぬかの使い方

ぬかは栄養が豊富なのに、低価格帯と買い易いです。

肌へ使うぬかは無農薬のものを選んで購入されるとよいです。

 

●ぬかをそのまま使う
ぬかをそのまま使うには、綿素材(日本手ぬぐいやさらしを利用)の袋を作り、ぬかを入れてぬか袋を作ります。(5㎝×5㎝ほど)
ぬかが出ないように縛って洗顔後に水を含ませたぬか袋を顔へやさしくあてがい、クルクル円を描くように肌の上で回します。
その後で水で流すと肌がつるつるになったのが実感できます。

 

●美白パックの作り方
米ぬかと小麦粉を用意し、1対2の割合で混ぜ合わせて少量のお湯を加えます。
洗顔後の顔へ伸ばします。
5分ほどおいて洗います。

ぬかは塗るだけで、肌に良い効果があり、簡単なケアができるのが昔から現代まで人気がある理由なのです。

ぬかを原料に使った化粧品には洗顔フォーム、化粧水、乳液なども色々で回っています。

>> 無農薬米ぬかを使った化粧品の一覧を見る(楽天)

 

まとめ

米ぬかは昔は人間が使うより鶏などのエサとして使われているほうが多かったです。

現在の世界的な健康志向でぬかは人間の体に良いものと再認識され肌への効果も見直されました。

ぬかにはポリフェノールの一種のフェルラ酸が含まれています。
フェルラ酸は紫外線にあたることで増えるメラニン色素の生成を抑える働きがあるともいわれています。

ぬかやぬか配合の化粧品は比較的にリーズナブルな価格で購入できます。
こういった化粧品を普段から使うことで日焼けのトラブルを起こさない肌へとケアできそうですね。

美白パックの効果的なやり方

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました