日焼けした顔の皮を剥いたらシミになる理由と対処法を紹介

日焼け 顔 皮 シミ

夏のレジャーは楽しいですね。
しかし、炎天下で思いっきり遊んだ後で悩むのは日焼けによる皮むけです。

皮が剥けかけているのが気になりつい剥がしてしまうことってありますよね。

でもそれはNG!シミになっちゃいますよ。

この記事では、日焼けした顔の皮を無理に剥いたらシミになる理由と日焼け後にシミをつくらない対処法について紹介します。

スポンサーリンク

日焼け後の顔の皮を剥いたらシミになるって本当?

日焼けした後に顔の皮を無理やり剥いでしまった後にシミができるのは、肌のバリア機能が整ってない状態でその上から紫外線を浴びてしまうからです。

日焼け後の皮膚の状態はやけどしたのと同じで、新しい皮膚を作ろうと通常よりも早くターンオーバーが起きています。
その為に皮が剥けるのです。

皮が剥けている部分に関しては、取り除いても問題はありません。
皮が剥けかけている部分は新しい皮膚が表面に出ている状態なので、剥けているところだけをハサミなどを使って切り取ると良いです。

しかし、皮が剥けかけの部分を強引に取ってしまうと、不完全な状態の皮膚が表面に出てくることになります。

そこは、十分なバリア機能ができてない為、紫外線などの外部からの刺激に弱くなっており、そのままにしているとシミができてしまう原因になります。

日焼け後の皮剥けの対処法

シミを作らない為には皮が自然に剥けるまで、気になっても待った方が良いです。

また、日焼けした皮膚は炎症と脱水が起きているので、皮が剥けてきたら冷却と保湿を行うことが重要です。

皮膚は未熟な状態なので、普段の化粧水ではヒリヒリした感じがする場合もあるので使用する化粧水は低刺激のものがおすすめです。

化粧水で保水したうえからワセリンを塗ると水分を保つことができます。

スポンサーリンク

日焼け後に皮が剥けかけた肌は乾燥がひどく痒くなることもありますが、掻くと皮が剥けることもあるので、十分に保湿をして乾燥とかゆみを抑えましょう。

 

洗顔を行うときも擦ってしまうと刺激になるので泡立てた石鹸で皮膚にあまり触れないように洗います。
拭くときも上から押さえるだけにして擦るのはよくありません。

水温もぬるま湯か水で行いましょう。
お風呂に入ったついでの洗顔で熱めのお湯を使うのは肌を傷めます。

皮が剥けかけた時に、化粧はできるだけしない方が良いです。
化粧品の成分や、メイクオフする際のクレンジングなどが皮膚の刺激になり元通りの肌になるのに時間がかかることもあります。

そうかと言っても洗顔、化粧水、乳液などのスキンケアをした後は日焼け止めは必ず塗ってから外出してくださいね。
日焼け止めでも保湿成分が高配合された低刺激のものがおすすめです。
また、SPF値が高いものは刺激が強く肌が乾燥しやすいので日焼け後の肌ケア中は気を付けたい点です。
日常生活ではSPF20~30で十分です。

しかし、日焼け止めは汗をかいたり、ハンカチで汗をふき取ることで落ちてしまいます。
3時間ごとに一度は塗りなおす等、こまめなお手入れが大切です。

特に鼻の頭の皮がめくれた場合などは気を付けてくださいね。

屋外を歩くときはかならず日傘や帽子などを使って紫外線を防ぎましょう。
顔に紫外線の害をうけにくくするにはマスクなどを利用するのも一つの方法です。

 

皮膚の上から行う手当以外で、肌の状態を良くするためにビタミンやたんぱく質の摂取も意識しましょう。

  • ビタミンA・・皮膚の乾燥予防(ほうれん草、カボチャ、ニンジンなど)
  • ビタミンB群・・肌の新陳代謝アップと改善(うなぎ、レバー、魚介類、豆類など)
  • ビタミンC・・メラニン色素を貯めこまない美白効果(柑橘類、キウイ、ブロッコリーなど)
  • ビタミンE・・抗酸化作用で皮膚の老化防止(アーモンド、ゴマ、たらこなど)
  • ビタミンB群・・肌の新陳代謝アップと改善(うなぎ、レバー、魚介類、豆類など)
  • たんぱく質・・肌の再生効果(肉、魚、乳製品など)

また、乾燥しないように体の内側からも水分補給をこまめに行うとよいです。

まとめ

顔の日焼けは後が大変です。
皮がボロボロ落ちて化粧してもムラムラになるし。。

皮が剥けるのはだれしも経験があると思いますが、皮が剥けていてもシミができない綺麗な皮膚へ戻るまでは保湿と日焼けしないように辛抱強くケアするの大切です。

ぜひ参考になさってください。

また、日焼け後の皮むけがあまりにも酷いときは無理に自分で対処せずに、医療機関で診察を受けた方良い場合もあります。

シミを防ぐ食べ物

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました